本文へスキップ

健康で健やかなエイジング Act Club

コンテンツCONTENT

歯医者さんに行く前にする顎関節ストレッチ

歯の治療に行きたくても、口が開きにくい・顎から音がする・顎が痛いなどで、歯医者に行くのをためらっていませんか?

歯医者さんも口の開きにくい人は治療が困難です。そして、顎の痛みは歯の治療とは異なり、歯医者さんによってはうまくアドバイスができないかもしれません。ストレッチをすることで、自分で改善することをお伝えします。


ストレッチ前は唇が固く顎関節が固まって上下の奥歯が開いていません。舌も固そうです。ストレッチ後は張りのある唇や顎関節も開いて口が大きく開いています。


首の横しわが減り首が長くなっています。下顎下リンパ節と鎖骨下リンパ節も開き、すっきりとした首筋ができあがってきます。
ビフォアー・アフターの詳細

この顎口腔系のストレッチは、下顎のずれや顎関関節症だけでなく、声を出すことや飲み込みが悪い・呼吸がしにくい・セキが出るなどのノドの症状にも効果があり、舌骨をコントロールできれば、気道が開き発声もよくなります。舌の運動により唾液がよくでて、歯周病の予防にもなります。

体全体のストレッチと顎関節ストレッチをすることで下顎の正しい位置が保たれ、顎口腔系が整い、歯科治療がしやすくなります。そしてそれは生活習慣病を予防することになるのです。

2016/5/10
理論や実践方法を本にまとめました。歯科の先生や衛生士さんが患者さんに指導すること、また一般の方でも理解できるように図解を多くわかりやすく表現しています。DVD(スライドショー)がついていますので映像を見ながら一緒にストレッチができます。ぜひ、お近くの書店にてお手にとってご覧ください。
←本の目次他プレビューできます。

吉村真紀子のストレッチノート


本の紹介

正しい骨格はどのようにして得ることができるでしょうか。 もっとも重要なのは背骨と骨盤の関係です。骨盤の前傾や後傾は長年の生活習慣で形成されるものです。
あなたも『ストレッチノート』で健康な体を手に入れましょう。


ストレッチノートムービー ※YouTubeサイトに切り替わります

本を購入された方への特典映像を公開しました。映像を見ながら一緒にストレッチしてみませんか?
立位(14:44) 肩と首(17:57) 座位(11:11) 寝位(14:33)

<目次>
1. 重力とは 16. 肩が痛いからする肩のストレッチ
2. 健やかなエイジングのために 17. 肩甲骨を動かす・効果てきめんストレッチ
3. 筋肉と→骨格 18. 立て膝からの股関節の伸展・アキレス腱を伸ばします
4. 肩甲骨は背中で自由に動きます
骨盤の位置による体のゆがみ
19. 太ももの内側を伸ばします
5. 元気の源はお腹の力 20. 脚4の字・腹筋を伸ばすためのひねり
6. ストレッチとは何でしょう 21. 背骨の曲げ伸ばし猫のポーズ
7. 和の暮らしはストレッチがいっぱい 22. 背骨のキャタピラー運動
8. 顔のゆがみを取る顎のストレッチ 23. 骨盤ひねりのタオルストレッチ・膝あげ骨盤ひねり
9. 肩こりを治す首のストレッチ 24. いつでもできる脚上げストレッチ
10. 肘の痛みを和らげる手首のストレッチ 25. 骨盤を動かす
11. 骨盤を立てて背中の張りをとる前屈 26. スマートに歩きます
12. 片足折り側屈・開脚で骨盤を広げます 27. おっとっとのバランス運動
13. 太ももの前側を伸ばします・片膝かかえ・両膝かかえ 28. 動くバランス運動
14. 腰痛が楽になる前屈 29. 日常生活のバージョンアップ
15. 体の横と前を伸ばしてすっきり立ちます 30. 究極の猫背矯正道具

ストレッチノートの中身を一部ご紹介(バインダー式 A4横 61ページ )



Act Club(アクト・クラブ)

〒747-0825
山口県防府市新田915-5

TEL 0835-38-0732
FAX 0835-38-6678
e-mail info@act-club.net